凍結による水のトラブルが起こる可能性もある

寒さ厳しい季節になると起こりやすい水のトラブルもあります。それは凍結です。寒冷地にお住いの方なら心構えがあるかもしれませんが、そうではない地域で暮らしている場合、突然の寒波による水道管凍結でトラブルに見舞われることもあるのです。

■凍結は破裂の恐れがあるので要注意

外気温が氷点下を下回ると、水道管の中の水が凍結する恐れがあります。ただ凍るだけなら問題がないと思われがちですが、凍結によって配水管の中の氷が膨張すれば配水管が破裂する恐れがあります。同時に、水が凍ってしまうために水を使いたいときに水が出ない状況に陥ります。
雪がたくさん降る地域では凍結予防のために水抜きをする習慣が根付いていますが、それ以外の地域では水抜きの習慣があまりないため、寒波に見舞われると凍結する恐れがあります。日中の気温が高くなれはおのずと氷も解けて水も出るようになりますが、一時的でも水が使えないのは不便です。

■もしも水道管の水が凍結したら

朝起きたとき寒さが厳しいと感じたら、ひょっとしたら水道管の中が凍っている可能性があると思っていいでしょう。蛇口をひねって水が出ない場合、その部屋を全体的に温めることで水が通る様になる可能性がありますが、朝はどの家庭でも忙しい時間を過ごしているので時間にゆとりがない場合は困ってしまいます。
部屋を暖めたり処置したけれど水が出ないという場合、もしかしたら凍結以外の何かトラブルが起きている可能性も考えられるので、早めに業者へ相談してみてください。

■まとめ
凍結による水道管破裂は頻繁に起こるものではないものの、家の中で起こる水のトラブルなどに比べると大きな被害となります。専門業者に修理を依頼することになりますので万が一、敷地内で水が噴き出すなどの状態が見られた場合は早急に電話連絡を入れて状況を見てもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ