水のトラブルが起こる時期が分かることも

水のトラブルというのはいつも突然起こることがほとんどです。ところが、トラブルが起きやすい時期があることが分かっています。そのタイミングが分かれば、万が一に備えることができるはずです。一年を通して、いつトラブルが起きやすいのか知っておきましょう。

■雨がたくさん降る日は要注意

異常気象が騒がれるようになりましたが、この異常気象によって水のトラブルが起きやすいと言われています。海外だけでなく日本でも異常気象に見舞われることが多くなってきています。暑さの厳しい夏から徐々に涼しくなってくる秋ごろにかけて台風が直撃しますが、異常気象によって何度も台風が上陸する年も珍しくありません。
台風による大雨の影響で家の中の水回りにトラブルが起こるのは珍しい話ではないのです。台風が来たあと、トイレの水の流れが悪いと感じることがあるかもしれません。このときトイレ以外の水回りもチェックしてみてください。キッチンやバスルーム、洗面台などそれぞれの水回りも水の流れが悪いと感じる場合は故障ではなく、台風による大雨の影響で下水道にトラブルが生じている可能性があります。

■なぜ雨が降ると下水道にトラブルが起こるのか

各家庭では生活水が排水管へ流れていきます。排水管は生活水以外にも、雨水も一緒に流れています。台風が来て大雨が降ると、下水道に一気に大量の雨水が流れ込むため下水管の中の容量がオーバーしています。下水道のキャパオーバーによって水の詰まりが生じている場合は、修理屋さんに連絡を入れても改善できないことがほとんどです。


■まとめ
水のトラブルの中でも厄介なのが自然災害によるものです。もちろん、家の中で水のトラブルが起きている状態ですから、応急処置として何をどうしたらいいのか専門業者に相談することもひとつの方法として覚えておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ